スライス画像(FIB-SEM/医用画像/連続切片画像)位置合わせソフト

スライス画像(FIB-SEM/医用画像/連続切片画像)位置合わせソフト

ExFact Slice Alignerは、スライス画像(FIB-SEM/医用画像/連続切片画像)の位置合わせソフト。面倒な手作業の位置合わせも、5種類の自動位置合わせで、あっという間に終了。

29種類のパワフルな一括画像処理。5種類の表示モードで手動位置合わせも柔軟に行えます。ExFact VRと組み合わせれば3D化も実現。

  1. ExFact Slice Alignerの特徴
  2. 5種類の多彩な自動位置合わせ
  3. 5種類の表示モードで手動位置合わせも柔軟に
  4. 29種類のパワフルな一括画像処理
  5. 位置合わせ後にExFact VRで3D化
  6. その他の便利機能
  7. ExFact Slice Aligner 動作環境
  8. 3D画像解析20年の匠 日本ビジュアルサイエンス
  9. 資料請求/お問合せ/お見積りはこちら
  10. カタログダウンロード

ExFact Slice Alignerの特徴

  1. 対象に合わせて使える5種類の多彩な自動位置合わせ
  2. 5種類の表示モードで手動位置合わせも柔軟に
  3. 輝度ムラ/二値化/ノイズ軽減など29種類のパワフルな一括画像処理
  4. 断層画像の3D化ソフト ExFact VRを使って三次元化
  5. 64bit対応で大量の画像も高速処理

5種類の多彩な自動位置合わせ

5種類の多彩な自動位置合わせ

Featureマッチング

前後画像の特徴を参照する、高速な自動位置合わせです。単純形状、前後画像で差が少ない場合に有効です。

phaseマッチング

2つの画像をフーリエ変換し、その周波数スペクトルから得た、位相画像を元にシフト量を算出し、高速に自動位置合わせをします。マテリアル等の反復した複雑構造に有効です。

Templateマッチング

画像に共通した画像領域(テンプレート)を設定し、それを基準として自動位置合わせします。共通の画像領域を設定できる場合に有効です。FIB-SEMでは事前に基準となる構造を加工しておくのもオススメです。

ROIマッチング

ROIツールで指定した矩形領域と、近い画像が次にも現れると仮定して、テンプレートマッチングを繰り返して、自動位置合わせをします。前後画像のXY方向の移動量が算出されます。処理時間は長めですが万能な処理方法です。

Rotateマッチング

ROIマッチングの処理に加えて、画像の回転を考慮して自動位置合わせします。処理時間が最も長いですが、万能な処理方法です。

5種類の表示モードで手動位置合わせも柔軟に

シングルスライスビュー

シングルスライスビュー

画像を1枚ずつ表示します。ROIツール(紫色の枠)で位置合わせの基準となる、テンプレート部分を選択します。

プロセッシングビュー

プロセッシングビュー

二分割画面で処理前後の画像を比較できます。このビューでは29種類のパワフルな一括画像処理(二値化等)が行えます。適切な前処理により、より良い位置合わせ結果が得られます。

テンプレートビュー

位置合わせの基準となるテンプレート部分を表示します。

アライメントビュー

アライメントビュー
アライメントビュー
アライメントビュー

前後画像が半透明の重なった状態で表示されます。前後画像の位置を見ながら、手動で微調整可能です。

前後画像の移動/回転、明度/色補正後に、前後画像を一組にしたalnファイルを出力します。

マルチスライスビュー

マルチスライスビュー

位置合わせ後の画像の一覧表示/保存ができます。
それぞれのビューでの処理後の画像を、このビューへワンクリックで一括転送できます。

29種類のパワフルな一括画像処理

29種類のパワフルな一括画像処理

29種類の多彩な画像処理機能を搭載。

輝度ムラ補正/二値化/ノイズ軽減等を、大量のスライス画像に一括で行うことができます。

これまで手作業で1枚ずつ行なっていた、面倒な画像の前処理の手間を圧倒的に軽減します。

位置合わせ後にExFact VRで3D化

位置合わせ後にExFact VRで3D化

ExFact Slice Alignerでの位置合わせ後は、ExFact VRで3D化可能です。

ExFact VRは、3D画像解析20年の匠 日本ビジュアルサイエンスが手がける、断層画像(X線CT/FIB SEM等)の3D化ソフトです。
※ExFact VRは別売

その他の便利機能

From-To機能

位置合わせをするスライス画像の範囲を選択できます。

位置合わせの要不要に合わせて範囲を選択したり、画像の特徴に合わせて選択して、それぞれに合った位置合わせを行ったりできます。

位置合わせスコア機能

位置合わせを行った結果を、評価する目安として利用します。

前後画像のROI指定の領域で、輝度値の差の合計を画素数で割ったのがスコアです。このスコアが小さいほど、位置合わせが上手くいっていることを示しています。

エッジオフセット機能

エッジオフセット機能

指定した画素数分の画像のエッジ(輪郭)を無視し、その内側の領域のみで自動位置合わせを行います。

ROIツールで選択した部分のみで、自動位置合わせされるので、無視したい部分があれば、そこを避けるように範囲選択するのがオススメです。

ExFact Slice Aligner 動作環境

OS

  • Windows Vista/7/8/8.1/10の全Edition(64bit対応/32bit非対応)

CPU

  • 2017年発売 AMD 新CPU Ryzen対応
  • マルチコア/マルチプロセッサ対応
  • Intel Sandy Bridge(第2世代Core)〜推奨。※概ね2011年〜のPC
  • Core i3/5/7はモデル2xxx〜、XeonはE3/5/7系〜対応

GPU

  • NVIDIA GeForce/Quadro/AMD Radeon等、独立GPU/ビデオメモリ搭載推奨
  • ノートPCでの動作可(要高性能)。オンボードビデオカード(Intel HD Graphics等)非推奨

メモリ

  • 最低8GB、16GB〜推奨(データの数倍のメモリ容量推奨)

その他

  • 要USB2.0〜(ドングル用)
  • マルチモニタ対応。フルHD(1920x1800px)〜推奨

ライセンス

  • USBドングルでのライセンス認証
  • USBドングル差替えで他PCでも動作可
  • ドライバ不要

ファイル形式

  • BMP/JPEG/TIFF/PNG
  • 同解像度のスライス画像読込可
  • 要2個以上の画像データ

3D画像解析20年の匠 日本ビジュアルサイエンス

  1. メディア掲載
  2. 会社概要
  3. アクセス
代表取締役 滝克彦

代表取締役 滝克彦/researchmap

東新宿駅徒歩3分

東新宿駅徒歩3分

セミナールーム

セミナールーム

メディア掲載

会社概要

弊社は1997年に設立された、画像処理分野のソフトウェアに、特化したベンチャー企業です。

先端的な科学技術、産業、医療等の分野で用いられる、様々な3Dイメージングに関する、意欲的な技術開発を行っています。

ここ数年、東京都ベンチャー技術大賞等を受賞、ボーイング787のリチウムイオン電池の事故調査に協力するなど、顕著な業績をあげています。

社名
日本ビジュアルサイエンス株式会社(略称 NVS)
設立
1997年(平成9年)7月7日(月)
資本金
2,700万円
所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-26-2 コーラルビル4F
TEL
03-5155-5561
FAX
03-5155-5560
従業員数
  • 常勤役員:2名(男性2名/女性0名)
  • 非常勤役員:2名(男性2名/女性0名)
  • 正社員:4名(男性2名/女性2名)
  • アルバイト:2名(男性2名/女性0名)
所属
  • 東京商工会議所
  • 協同組合DDK
  • 一般第二種電気通信事業者
  • 精密工学会 現物融合エンジニアリング専門委員会
リンク

アクセス

Googleマップで見る

Googleマップで見る